ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

陸上競技用語集

陸上競技用語集 陸上競技用語集

文字サイズ

  • 歴史
    れきし

    原始時代、獲物を獲って生活していた人間にとって、走る、跳ぶ、投げるという能力や技術は狩りをして生きていく上で必要不可欠なものだった。やがて狩猟を中心とした暮らしから、農耕を中心とした生活に人類の暮らしが変化していくと、それまで仕事として磨いていた走る、跳ぶ、投げるという能力や技術を、儀式やパフォーマンスとして行なうようになる。そして、紀元前9世紀から1000年以上にわたって続く「古代オリンピック」に象徴されるような競技会として発展し、世界各国に競技として広まっていった。古代オリンピックでは、短距離走、中距離走、走幅跳、円盤投など、現在の陸上競技の基礎となる多くの競技がすでに競技として実施されていた。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の陸上競技場を検索できます。

スポーツ施設イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る