ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

陸上競技用語集

陸上競技用語集 陸上競技用語集

文字サイズ

  • 400m競走
    よんひゃくめーとるきょうそう

    トップスピードで走り抜けられる距離ではないため、瞬発力に加えてスピードを保ったまま走り続けるスタミナやペース配分などの駆け引きも重要になる。400メートル競走では、スタートからフィニッシュまで、決められた自分のレーンを走る。2ヵ所の大きなカーブを走るため、スタート地点が第1レーンか、第8レーンかによってコーナーの角度が大きく異なるため、どのレーンに入るかも勝敗を分ける大きな要素となる。一般的には、内側の第1レーン、第2レーンは、コーナーの角度がきついため、嫌がる選手が多いと言われている。また、選手にピストルの号砲が同じタイミングで届くように、スターターは全選手が見渡せる場所に立つことや、声が同時に届くようスピーカーが用意されるなど工夫される。さらにピストルと連動して同時にスタートの号砲が鳴る信号器が設置されていることもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の陸上競技場を検索できます。

スポーツ施設イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る