ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

陸上競技用語集

陸上競技用語集 陸上競技用語集

文字サイズ

  • 1,000m競走
    せんめーとるきょうそう

    1,000m競走(センメートルキョウソウ)

    中距離走の一種。日本陸上競技連盟が定めるルールによると、1,000メートル以上の種目で1回のレースに12人を超える競技者が出場する場合には、2つのグループに分けてスタートさせても良い。その場合、競技者のおよそ65%にあたる人数を第1グループ、残りを第2グループとして分け、第1グループは通常のスタートラインに並び、第2グループは外側のスタートラインに並ぶ。この場合、第2グループはトラックの最初のカーブの終わりまで、決められたコースを走らなければならないとされている。1,000メートル競走の日本記録は2005年(平成17年)に小林史和選手が記録した、2分19秒65。世界記録はケニアのノア・ヌゲニが1999年(平成11年)樹立した2分11秒96となっている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の陸上競技場を検索できます。

スポーツ施設イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る