ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

陸上競技用語集

陸上競技用語集 陸上競技用語集

文字サイズ

  • 世界陸上競技選手権大会
    せかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい

    世界陸上競技選手権大会(セカイリクジョウキョウギセンシュケンタイカイ)

    国際陸上競技連盟(IAAF)が開催する世界最高峰の陸上競技大会で、通称「世界陸上」。初めて開催されたのは、1983年(昭和58年)。フィンランドのヘルシンキで歴史をスタートさせた。当初は4年に1度開催されていたが、1991年(平成3年)の東京大会以降は、2年に1度開催されている。2013年(平成25年)8月には、ロシアのモスクワで第14回大会開催され、日本からは男子29名、女子12名が参加。女子マラソンに参加した福士加代子選手の銅メダル、木﨑良子選手が4位入賞、マラソンの中本健太郎選手が5位入賞を果たした。また、注目の高校生ランナー桐生祥秀選手が参加した男子4×100メートルリレーで、日本チームは6位入賞を果たすなど、話題の多い大会だった。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の陸上競技場を検索できます。

スポーツ施設イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る