ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

陸上競技用語集

陸上競技用語集 陸上競技用語集

文字サイズ

  • スーパー陸上競技大会
    すーぱーりくじょうきょうぎたいかい

    スーパー陸上競技大会(スーパーリクジョウキョウギタイカイ)

    1988年(昭和63年)、「東芝スーパー陸上」としてスタート。翌年にはTOTOがスポンサーとなり、「TOTOスーパー陸上」となり、国立霞ヶ丘陸上競技場などで開催されていた。その後、2000年(平成12年)からは主に、横浜国際総合競技場で行なわれた。実施されていた種目数は、男子が8種目、女子は投てき競技や棒高跳がなく5種目と少ないながらも、テレビ中継の影響もあり人気の競技大会のひとつだった。スポンサーの撤退や中継テレビ局の変更、会場の変更など紆余曲折あったが、毎年5月に開催されていた「国際グランプリ大阪大会」が消滅することを機に、この大会と統合されて新しい陸上競技会のシリーズとして再スタート。2011年(平成23年)から「セイコーゴールデングランプリ川崎」となった。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の陸上競技場を検索できます。

スポーツ施設イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る