ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

陸上競技用語集

陸上競技用語集 陸上競技用語集

文字サイズ

  • オリンピック陸上競技
    おりんぴっくりくじょうきょうぎ

    オリンピックでは、投てきや跳躍などのフィールド競技、短距離走やハードル競走などのトラック競技、マラソンや競歩など様々な陸上競技が開催される。オリンピックに日本人の陸上競技者が初めて参加したのは1912年(大正1年)、スウェーデンで開催された「第5回ストックホルム大会」。三島弥彦、金栗四三の2選手が参加した。その後、1928年(昭和3年)の「第9回アムステルダム大会」では、三段跳で織田幹雄選手が15メートル21センチメートルを飛び、日本選手としては初の金メダルを獲得、さらに同じ大会では女子800mに参加した人見絹枝選手が銀メダルを獲得した。2012年(平成24年)の「第30回ロンドン大会」では、47種目の陸上競技が実施され、男子ハンマー投の室伏広治選手が銅メダルを獲得した。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の陸上競技場を検索できます。

スポーツ施設イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る