ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

文字サイズ

陸上競技に関する用語(ま行)をまとめてご紹介しています。分かりやすく解説しているので、陸上競技に関する難しい言葉の意味を知りたいときはぜひご活用下さい。

陸上競技用語集

陸上競技用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

ま行

  • マラソン

    マラソン(マラソン)

    陸上競技種目の中で、道路競技のひとつ。距離は42.195キロメートル。「マラソン」というのは、ギリシャの首都アテネの北東にあるアッティカの東海岸にある平原の名前。1896年(明治29年)、近代オリンピックの復活として、第1回のオリンピック大会が開催されるにあたり、ギリシャの故事にならって、マラソンの古戦場跡とアテネの競技場を走る24マイル1500ヤード(約40km)の長距離レースが導入されることになった。この大会で地元のギリシャ人選手が優勝すると、スタジアムが大歓喜に包まれ、そのときの熱狂ぶりから40キロメートルを超える長距離のロードレースが世界に広まっていったと言われている。距離が42.195キロメートルに定まったのは、1908年(明治41年)にロンドンで開催された第4回のオリンピックからとされている。この大会で、ロンドン郊外にあるイギリス皇族の居城ウインザー城のグレート・パークから、市内のホワイトシティー・スタジアムまでを結ぶルートに、競技場を4分の3周した距離を加えたコースに設定されたことで、このときの距離がもとになり、現在の42.195kmになったという説がある。

  • 持ち時間

    フィールド競技では、選手一人ひとりが競技するための持ち時間が定められている。日本陸上競技連盟(JAAF)では、フィールドの単独種目の場合、残っている競技者が4人以上の場合は1人1分。2人から3人の場合には、棒高跳は1人2分、走高跳は1分30秒、その他の競技は1分と定めている。競技者が1人のみの場合は、棒高跳では1人5分、走高跳では1人3分与えられる。また連続試技では、棒高跳で3分、走高跳で2分となることが決められている。そのときに試技をしなくても、試技の権利を持っている人が何人いるかで持ち時間は決められている。試技開始を不当に遅らせる競技者は試技をすることが認められず、1回の無効試技と記録されてしまう。試技時間が超過しても、競技者がすでに試技を開始していたら、その試技は認められる。

日本全国の野球場やサッカー場など様々なスポーツ施設を検索できます。お探しのカテゴリを選択して下さい。

すべてを見る

ページ
トップへ
ページトップへ戻る