ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
陸上競技場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

陸上競技情報

まずはジョギングから始めてみよう



ゆっくりとしたペースで走るジョギングは、マラソンを視野に入れたランニングを始める人にとって、最初の入り口と言えるでしょう。しっかりと継続すれば持久力を向上させるトレーニングになりますが、走る場所やペースなどによっては、娯楽やリフレッシュのひとつにもなるでしょう。ランニングを続けるためには、何より走る楽しさを感じることが大切ですから、まずは自分のペースで始めてみましょう。

走ることに慣れてきたら、趣味として楽しむのか、マラソンレース出場を目指してトレーニングするのか、健康増進のために続けるのかなどの目的によって、走るペースや行なう頻度を変えていきます。

いつもと同じ場所でも、走ることで景色は違ってきます。走ることで変化する気持ちや体のリズムを感じてみましょう。

ジョギングとは

ジョギングとは

ゆっくりとしたペースで走る運動のことをジョギングと言います。ジョギングは、1970年代後半に、アメリカ人のジム・フィックスによって提唱され、彼の著書である『The Complete Book of Running』(邦題:奇蹟のランニング)は、世界的なベストセラーとなりました。これによって、"減量と健康増進に役立つ手軽な運動"としてジョギングは一躍ブームとなりました。しかし、提唱者であるジム・フィックスがジョギング中に死亡するという事態が起こります。また、人によっては心臓に負担がかかることもあるという見解が出たこともあり、ブームは落ち着きました。

現在は長距離走のための持久力を向上するトレーニング、健康維持のための有酸素運動、趣味などとして幅広く親しまれています。

ジョギングとマラソンの違い

ジョギングとマラソンの違い

マラソンは長距離走の種目のひとつですが、ジョギングは運動種目ではありません。その最大の違いは距離です。一般的にマラソンという場合、フルマラソンを指すことがほとんどです。フルマラソンの距離はよく知られている通り、42.195kmです。それに対して、それ程長い距離をジョギングする人はありません。ジョギングは楽しみながら、リラックスして走るという側面が強いため、距離はそれ程意識されないことが多いです。有酸素運動としての効果を感じるには、20分以上は必要と言われていますが、ペースは人によって異なるため、距離は一概に規定されていません。

マラソンのトップランナーであれば、1kmを3分程のペースで走るため、ジョギングとはおおよそかけ離れたペースですが、市民ランナーの初心者であれば1kmが9分ぐらいというペースもありますから、ジョギングと変わらないか、むしろ遅いペースと言えるかもしれません。

ジョギングの時間と距離

ジョギングの時間と距離

ジョギングをトレーニングとして考えると、その時間は60分や90分とも言われますが、初心者ではその長さはなかなか難しいでしょう。減量を目的とした有酸素運動としてとらえるのであれば、20分以上は必要です。20分程走ると体内で燃焼される脂肪が増え、減量の効果を感じる運動となるためです。ただ、趣味として行なうジョギングであれば、本人が心地良いと感じて走れる時間が最適と言えますが、一般的には30分~60分程度が適当とされています。

距離にはあまりこだわる必要がありません。「○kmを走らないと…」と思うとストレスになりますから、「気が付いたら○km走っていた」というくらいのリラックスした感覚が良いでしょう。走ることに慣れ、ペースが上がったり、調子がつかめてきたりすれば、おのずと走る距離は長くなってくるはずです。

ジョギングのフォームと走法

ジョギングのフォームと走法

比較的リラックスしたムードで行なわれるジョギングですが、フォームはしっかりと意識しておくことがおすすめです。マラソンなど長距離を走り続ける場合、フォームは非常に重要です。バランスの良いフォームであれば、効率良く長い距離を走ることができます。また、特定の箇所に負担をかけることでけがが発生するリスクも避けられます。一度定着してしまったフォームを変えるのはなかなか難しいですから、ジョギングの際からフォームは整えておきましょう。

最適なフォームは人それぞれですが、一般的には、上体をわずかに前傾させ、視線は身長の5~6倍前方に落とします。肘は90度くらいに曲げて、後ろに引くように振りましょう。地面を蹴って前に進むというより、前傾した体を支えるために足が出るという意識で足を運びます。一本の線上を走るようにイメージすると、左右のバランスの差に気付きやすくなります。

代表的な走法としては、ピッチ走法やストライド走法がありますが、初心者には負担が少ないと言われるピッチ走法がおすすめです。

ジョギングのペースと目標心拍数

ジョギングのペースと目標心拍数

ジョギングのペースについては、「1kmを5分以上で」や「1kmを7分程度で」など、様々な説がありますが、人それぞれのペースで心地良く走ることが優先されます。呼吸が乱れたり、苦しくなったりせず、ゆっくりと長く走れるペースが良いでしょう。

ジョギングはゆっくりとしたペースで走るものとされていて、ゆっくりと感じるのは、心拍数が120程度になるスピードと言われています。ただ、この心拍数は個人差がありますし、加齢によって低下するとされています。人によって異なる最大心拍数を割り出し、そこから目安からを得ると良いでしょう。最大心拍数は一般的には最大心拍数=(220-年齢)と言われています。その数値の60~70%程度が目安となりますので、30歳の人であれば、114~133程度が理想的な心拍数となります。

ジョギングの効果

ジョギングの効果

ゆっくりとしたペースで走るジョギングですが、続けることで確かな効果を感じられます。長距離走のトレーニングとしても、呼吸・循環機能の向上、脚持久力の向上、基礎的な有酸素系能力の向上といった効果が期待できます。主にマラソンに必要なスタミナを高めると言って良いでしょう。また、ペースや距離にとらわれずに、リラックスして走るため、正しいフォームの確認や体のバランス、筋肉の張り具合などを意識するのにも役立ちます。

有酸素運動としても、20分以上行なえば脂肪の燃焼につながりますので、続けることで体重の減少が見られるでしょう。汗をかくことで体内の毒素が排出されるとも言われています。

さらに、リラックス面も見逃せません。無心になって走ることで、日ごろのストレスから解放されますし、走る場所によっては爽快な気分を存分に味わうこともできます。

全国おすすめジョギングコース

全国おすすめジョギングコース

日本各地で様々なマラソン大会が開催され、多くの市民ランナーが参加するなど、日本でのランニングブームには衰えが見えません。女性誌でも特集が組まれるなど、美容と健康のために走る女性も少なくありません。マラソン大会出場などを目標とする人でも、まずはジョギングからスタートすることがほとんどですし、そこまでの目標はなく、趣味としてジョギングを楽しむ人も多くいます。ジョギングはどこでも行なえますが、走りやすいコース、走ると楽しめるコースはおのずと限られてきます。そうして、ジョガーたちが集まってきたコースが、全国各地にできています。

東京の皇居周辺などは、ジョガーであれば一度は走ってみたいコースとして高い人気を誇り、それによる混雑が問題とされるまでに至っています。ここでは、東京をはじめとした5大都市のおすすめジョギングコースをご紹介します。

皇居(東京都)

皇居(東京都)

皇居の周りは日本一有名なジョギングコースと言っても過言ではありません。多くのランナーが一度は走ってみたいと憧れ、実際に大勢のランナーでにぎわっているコースです。東京都千代田区にある皇居の周りは、1周約5km。内側に向かう道がないため、信号待ちがなく、止まらずに走り続けられます。周辺には歴史的な建造物もあり、都心とは思えないすがすがしい眺めが広がっていることも人気の秘訣です。

皇居周辺は東側が低く、西側は高い地形となっているので、スタートする場所によって印象が変わります。どこからでも走ることができますが、ランナーがよく集まる場所がいくつかあります。桜田門のアシックス時計台の前をはじめ、北東角の気象庁前、その西側の竹橋の広場などが集合場所としてよく利用されています。

周辺の道はいずれも歩道のため、あくまでも歩行者が優先。ランナーが多いときは1列になるなど、マナーに注意しましょう。周辺にはシャワー施設が多数あり、荷物を預けるにも便利です。

名城公園(愛知県)

名城公園(愛知県)

名古屋市内で定番となっているのが、名古屋城の北にある名城公園の周りに設置された、1周約1.3kmのジョギングコースです。コースは中央で2つに分かれていて、内側は土、外側はアスファルトのコースになっています。ジョギング用は内側で、着地の衝撃をやわらげてくれるので足に優しい仕様です。

コースはほとんど木に覆われているため日陰になっており、アスファルトの照り返しもないため、夏場でも意外と涼しく走ることができます。また、園内には緑が多いため、眺めもさわやかです。公園内にはシャワーとコインロッカーも設置されているため、便利です。

もう少し長い距離を走りたい場合は、名古屋城を一回りするコースも。こちらは一般道の歩道ですが、名古屋城を望む眺めにテンションが上がります。

大阪城公園(大阪府)

大阪城公園(大阪府)

関西のランナーが多く集まるのは、大阪城の周囲をめぐるジョギングコースです。外周は約3.5kmですが、城内へも入れるため、自由にコースを組み立てられ、5~6km程度のコースも可能です。コースの大半は歩道ではなく園路なので走りやすいですが、観光客も多いため、接触には気を付けましょう。地形としては北東側が低く、南西側が高くなっています。石段や坂が突然現れたりする場所もありますが、慣れてくるとアップダウンの練習になるとも言えます。

森ノ宮駅近くの噴水から北西に伸びる銀杏並木は、道幅が広い約3kmのフラットな道。ランニングクラブがトレーニングを行なっていることもあります。付近にはランナーのためのシャワー施設や、ショップ併設のロッカーもあるので、会社帰りにも利用しやすいです

二条城(京都府)

二条城(京都府)

京都で鴨川と並んで人気を集めているのが、市中心部にある世界遺産、二条城の周囲を回る約1.8kmのジョギングコースです。周囲の道は歩道で道幅も広くないうえ、観光客も多いので、走りやすい環境とは言えません。スピードを出したり、大勢で走ったりということは避けた方が良いでしょう。それでも、人気を集めているのは、フラットで走りやすい地形と、城壁やお堀など趣のある景観でしょう。日中は観光客が多いため走りにくいですが、早朝や夕方は比較的余裕があるのでおすすめです。京都旅行の際には、二条城に近いホテルに宿泊して、朝のランニングに出かけてみるのも良いでしょう。

周辺にはシャワー施設はありませんが、駅や城の入り口に観光客用のロッカーがあります。

大濠公園(福岡県)

大濠公園(福岡県)

福岡市の中心部にある、大濠池の周囲に作られた約2kmのコースは走りやすいと人気です。ジョギング専用のレーンのため信号はもちろんありませんし、足に優しくジョギングに適すると言われるゴムチップ舗装が取り入れられています。道幅が広いので大勢で走ってもストレスを感じませんし、コースはフラットでほぼ同じ高さから湖面を眺めながら走れるため、都会の中のオアシスといった印象です。それに加えて、距離表示がしっかりとされているため、ペース感覚を養うのにも役立ちます。

最寄りの駅からも歩いてすぐですが、福岡の中心地である天神からも近いため、走っても10分ぐらいで到着できます。近くにはランナー用のシャワー施設がありますが、ロッカーはないため、駐車場に車を停めてロッカー代わりに使用している人もいます。