ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト陸上競技場リサーチ

陸上競技情報

桐生祥秀選手の経歴選手の経歴



今後の活躍が期待されている陸上競技選手・桐生祥秀(きりゅうよしひで)選手について紹介します。

桐生祥秀(きりゅうよしひで)選手のプロフィール

桐生祥秀(きりゅうよしひで)選手のプロフィール

1995年12月15日生まれで、滋賀県彦根市出身です。身長175cm、体重68kgが公式プロフィールで、彦根市立南中学校を経て、洛南高等学校に進学しました。自己ベストは、2013年に行なわれた織田記念予選の100m10秒01です。これは、日本歴代2位であり、日本ジュニア新、日本高校新記録でした。また、日本国内の競技会での日本人最高のタイムでもあります。

世界ジュニア記録に並ぶ記録でもあったのですが、使用された風向風速計が、国際陸上競技連盟が競技規則で条件に定めた超音波式のものではなかったため、残念ながら世界ジュニア記録としては認められませんでした。同じ年に行なわれた近畿インターハイ決勝でも、200mで20秒41の自己ベストを記録しています。

参加している主な種目

桐生祥秀選手が参加している主な種目を紹介します。

100m

2009年、中学2年生のときに行なわれたジュニアオリンピック陸上競技大会に出場し、B100mで準決勝に進出しました。2010年、中学3年生のときに行なわれた全日本中学校陸上競技選手権大会では、100mの準決勝を棄権していますが、同じ年に行なわれたジュニアオリンピックA100mでは、準決勝に進出しています。2011年、高校1年生のときに行なわれた全国高等学校総合体育大会では、100mで準決勝に進出しました。同じ年に行なわれた第66回国民体育大会では、少年B100mで見事優勝をおさめました。さらに、同じ年に行なわれた日本ユース100mでも3位に入賞しています。

2013年、高校3年生のときに行なわれた織田幹雄記念国際陸上競技大会では、100mで優勝しています。また、同じ年に行なわれたゴールデングランプリ川崎では、100mで3位に入賞、第97回日本陸上競技選手権大会では、100mで2位に入賞しています。

200m

2010年、中学3年生のときに行なわれた全日本中学校陸上競技選手権大会では、200mで2位に入賞しています。2012年、高校2年生のときに行なわれた全国高等学校総合体育大会では、200mで7位に入賞、同じ年に行なわれた日本ユースでは、200mで見事優勝しました。

400mリレー

2010年、中学3年生のときに行なわれた全日本中学校陸上競技選手権大会では、400mリレー(4走)で8位に入賞しました。2011年、高校1年生のときに行なわれた全国高等学校総合体育大会では、400mリレー(3走)で見事優勝をおさめています。2012年、高校2年生のときに行なわれた全国高等学校総合体育大会では、400mリレー(3走)で準決勝に進出しました。さらに、同じ年に行なわれた日本ユースでも、400mリレー(4走)で2位に入賞しています。