ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト陸上競技場リサーチ

陸上競技情報

伊東浩司選手の経歴



現役時代は「アジアの風」と呼ばれた陸上競技選手・伊東浩司(いとうこうじ)選手について紹介します。

伊東浩司(いとうこうじ)選手のプロフィール

伊東浩司(いとうこうじ)選手のプロフィール

1970年1月29日生まれで、兵庫県神戸市出身が公式プロフィールです。報徳学園高等学校を経て、東海大学政治経済学部経済学科を卒業し、富士通株式会社早稲田大学大学院スポーツ科学研究科を修了しています。1998年、日本選手権で100m10秒08、200m20秒16の日本新記録を樹立しました。100mは現在、朝原宣治選手に並ぶタイ記録となっています。引退後は、文筆家・スポーツコメンテーターなどの活動をしています。

参加していた主な種目

伊東浩司選手が参加した主な種目と戦績は次の通りです。

100m、4×100m

1991年、福岡で行なわれたアジア選手権に出場し、4×100mで2位に入賞しています。また、バンコクで開かれたアジア大会では、100m、4×100mに出場し、ともに優勝しました。

200m

1994年、広島で行なわれたアジア大会では200mで2位に入賞しました。1997年、釜山で行なわれたアジア大会、1998年に福岡で行なわれたアジア選手権、バンコクで行なわれたアジア大会ではともに優勝しています。

オリンピックでの活躍

伊東選手は、100m、200m、400mにて、オリンピックで活躍しました。

アトランタオリンピックへの出場

1996年にはアメリカ・アトランタで開かれたオリンピックでは、4×400mで5位に入賞しました。しかし、4×100mでは予選失格となります。200mでは準決勝敗退となりました。

シドニーオリンピックへの出場

2000年にはオーストラリア・シドニーで開かれたオリンピックに出場し、4×100mで6位に入賞しました。しかし、100m・200mともに準決勝敗退という結果に終わりました。

引退後の活動

伊東選手は現在、スポーツ解説者としてオリンピックや世界陸上などに出演し、ユーモアあふれるコメントで人気を集めています。また、甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センターで准教授を務め、指導者としても活躍しています。それに合わせて、文筆業も行なっています。

准教授

甲南大学スポーツ・健康科学教育研究センターで准教授を務めています。

文筆家

アスリート育成、スポーツを通した教育など、幅広い問題に取り組んでおり、引退後多数の著作を出しています。その一部をご紹介します。

・『疾風になりたい「9秒台」に触れた男の伝言』(2003年・月刊陸上競技編集・出版芸術社)

・『最強ランナーの法則』(2006年・鈴木博美共著、山口典孝監修・MCプレス)

・『DVD 日本人に適した最速の走り方 記録の壁を突き抜けろ!! 』(2007年山口典孝共著・西東社)

・『最強ランナーの法則 新版』(2009年・鈴木博美共著、山口典孝監修・毎日コミュニケーションズ)

・『小・中学生のための走り方バイブル2 1時間で速くなる!快足トレーニング編(DVD)』(2010年・カンゼン)

指導者

2011年4月より、関西学生陸上競技連盟のヘッドコーチを務めています。また、書籍やメディア出演だけでなく、イベントなども通して、アスリート・若者の育成活動を行なっています。