ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
陸上競技場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

陸上競技情報

高橋尚子選手の経歴



「Qちゃん」という愛称で親しまれる陸上競技選手・高橋尚子(たかはしなおこ)選手について紹介します。

高橋尚子(たかはしなおこ)選手のプロフィール

高橋尚子(たかはしなおこ)選手のプロフィール

1972年5月6日生まれで、岐阜県岐阜市出身です。身長163cm、体重46kgが公式プロフィールです。県立岐阜商業高校を経て、大阪学院大学商学部を卒業後、リクルートに入社し、実業団に入ります。シドニーオリンピックの金メダリストであり、女子マラソンの元世界記録保持者です。自己ベストは、2001年に行なわれたベルリンマラソンでの2時間19分46秒となっており、これにより高橋選手は女子マラソン世界記録を更新した唯一の日本人選手となりました。2008年には引退し、スポーツコメンテーター、マラソン解説者、文筆家として活動しています。

参加した競技大会での記録

高橋選手は、数多くの世界レベルの大会で好成績を残しました。その代表的な戦績を紹介します。

マラソン大会での優勝

1998年に行なわれた名古屋国際女子マラソンでは、2時間25分48秒という当時の日本最高記録で自身初の優勝をおさめました。同じ年に行なわれたバンコク・アジア大会でも、2時間21分47秒という当時の世界歴代5位・アジア最高記録で大会最高記録を更新し、優勝を収めています。2000年に行なわれた名古屋国際女子マラソンでも、2時間22分19秒という大会記録で優勝しています。

オリンピックでの活躍

2000年にオーストラリアで行なわれたシドニーオリンピックに出場し、女子マラソンで金メダルを獲得しました。オリンピックでの金メダル獲得は、日本陸上界において戦後初、64年ぶりのことであり、日本女子陸上界においては史上初の快挙でした。また、このときの2時間23分14秒という記録は、ジョーン・ベノイトがロサンゼルスオリンピックでマークしたタイムを16年ぶりに更新する、当時のオリンピック最高記録でした。これらの功績によって、高橋選手は「国民栄誉賞」を授与されることになりました。

引退後の活動

高橋選手は2008年に引退を表明しました。現在では、スポーツコメンテーター・マラソン解説者など、多方面で活動しています。

スポーツコメンテーター・マラソン解説者

アスリートを特集した番組や陸上競技大会を報じるニュース番組などで、元トップアスリートとして出演したり、テレビで放送されるマラソン大会の解説を行なったりしています。

文筆家

アスリート育成、スポーツ教育など、幅広い問題に取り組んでおり、現役時代から多数の著作を出しています。その一部をご紹介します。

・『風になった日』(2001年・幻冬舎)

・『夢はかなう』(2004年・幻冬舎)

・『教えてQちゃん! メタボだってマラソン完走! 』(2010年・穐田文雄共著・阪急コミュニケーションズ)

・『高橋尚子のランニングパーフェクトマスター Qちゃんと一緒にハッピーランニング!(スポーツ・ステップアップDVDシリーズ) 』(2010年・新星出版社)

・『シューズとアフリカと500日』(2010年・スマイルアフリカプロジェクト共著・木楽舎)

・『笑顔で生きる魔法の言葉』(2012年・角川書店)