ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト陸上競技場リサーチ

陸上競技情報

味の素スタジアム



味の素スタジアムは、東京都調布市にある多目的スタジアムです。東京都が所有し、指定管理者である株式会社東京スタジアムが管理運営しています。主にJリーグのFC東京、東京ヴェルディのホームスタジアムとして使用されている他、JFL、大学サッカー、ラグビー、アメリカンフットボールの会場としても利用されています。

第1種公認の陸上競技場

第1種公認の陸上競技場

地方自治体運営では全国で唯一の日本陸上競技連盟第1種公認を受け、9レーンの陸上トラックを保有しています。敷地面積は17.7ヘクタール、収容人数は49,970人です。なお、2003年3月1日に味の素がネーミングライツを取得し現在の呼称となりましたが、正式名称は東京スタジアムと言います。

歴史

味の素スタジアムは東京都調布市のアメリカ軍関東村跡地に2001年に誕生しました。杮落しは同年3月10日、J1リーグ開幕戦のFC東京対東京ヴェルディでした。主にJリーグの会場として使用されている他、多くのアーティストが数万人規模のライブを行なっています。また、2002年のFIFAワールドカップ日韓大会開催時にはサウジアラビア代表が練習場として使用しました。

誕生と同時に二つのJクラブのホームスタジアムに

東京スタジアムは誕生と同時に、FC東京と、この年神奈川県川崎市から移転してきた東京ヴェルディの2つのJリーグクラブのホームスタジアムとなりました。FC東京はそれまで収容人数が1万人に満たない国立西が丘サッカー場(現味の素フィールド西が丘)を主に使用していたこともあり、この年に観客動員数が飛躍的に増加しました。特に東京スタジアムの杮落しで両者が初めてJ1の舞台で対戦した3月10日の試合には44,030人がつめかけ、初の「東京ダービー」に会場は熱気に包まれました。

様々な用途で使われている味の素スタジアム

味の素スタジアムは多目的競技場の名にふさわしく、Jリーグ以外にも様々な用途で使用されています。

サッカー関連

日本と韓国の共同開催となった2002年FIFAワールドカップでは、サウジアラビア代表が練習場として使いました。また、オフィシャルコンサート会場として、「INTERNATIONAL DAY」、「KOREA/JAPAN DAY」と銘打った2日間のコンサートも行なわれ、エアロスミス、平井堅さん、ゴスペラーズなどが出演しました。

音楽コンサートなど他イベント会場としての利用

音楽コンサートはスタジアムにとって大きな収益源となるため、重要な用途です。過去には、SMAP、矢沢永吉、浜崎あゆみ、さだまさし、EXILEなど、幅広いアーティストに利用されています。ただし、天然芝への悪影響も指摘されており、FC東京の運営会社とたびたびトラブルになっています。