ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト陸上競技場リサーチ

陸上競技情報

アメリカ/ニューヨークシティマラソン・シカゴマラソン・ボストンマラソンの概要



アメリカ合衆国の主要都市ニューヨーク・シカゴ・ボストンで行なわれる国際的なマラソン大会について、それぞれの大会の特徴を紹介します。

ニューヨークシティマラソン

ニューヨークシティマラソン

ニューヨークで行なわれているマラソン大会です。「都市型市民マラソン大会」のはしりとなった大会で、様々な国際的な大会のモデルにもなっています。1970年に創設され、例年11月の第1日曜日に開催されています。

人気のマラソン大会

ニューヨークでスタートし、マンハッタンセントラルパークがゴールとなります。難易度は高いのですが、ニューヨークの街並みや景色を楽しみながら、5つの区の橋を渡り横断していくため、ランナーにとって、観光気分も味わえるコースになっています。そのため、毎年多くの参加希望者が殺到し、選ばれた4万人のランナーとサポートを行なう1万人以上のボランティアによってマラソンが行なわれています。また、200万人にも及ぶ観客も集まる、世界でも高い人気を誇るマラソン大会となっています。

シカゴマラソン

シカゴで行なわれている、世界記録の出やすいことで有名なマラソン大会です。1977年に始まり、例年10月に開催されており、6時間の制限時間が設けられています。

平坦な道が記録を生む

平坦な道が多いコースが特徴の大会です。そのため、過去に男女それぞれ2回ずつ世界記録の更新が行なわれました。また、4万人のランナーたちに聞こえるように、スピーカーからアップテンポな曲が流れていたり、ときにはロックバンドの生演奏が行なわれていたりします。

ボストンマラソン

ボストンで行なわれている歴史のあるマラソン大会です。1897年に始まり、例年4月に開催されています。参加資格タイムをクリアしないと、大会への出場はできないなどの出場ハードルの高さから、「一生に一度は走ってみたい大会」として人気のある大会でもあります。

女性初のマラソン大会

1960年頃までは、マラソンは男性の競技とされており、女性の参加は認められていませんでした。しかし、1968年頃より女性ランナーの参加を黙認し、1969年に世界初となる「女子優勝者」の記録を認定しました。

車いすマラソンの普及に繋がった大会

1975年に、車いすランナーのボブ・ホールは、訴訟の末に参加権を得ました。そして、マラソン史上初となる2時間58分の記録が公式に認められました。こうしたボブ・ホールの努力は、世界中の障がい者が「車いすマラソン」を始めるきっかけを作りました。