ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト陸上競技場リサーチ

陸上競技情報

ホノルルマラソンの概要



ホノルルマラソンは、1973年より、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島ホノルル市で行なわれているマラソン大会です。開催時期は、12月となっています。正式名称はJALホノルルマラソンで、日本航空株式会社(JAL)が冠スポンサーとなっています。JAL以外にも、日本企業がスポンサーになっており、4つのスポンサーのうち、スポーツブランドのアディダス以外はすべて日本企業となっています。そのため、日本人ランナーが多く参加しており、バブル期以降の参加者は全体の半数以上を日本人ランナーが占めています。

大会の特徴

大会の特徴

ホノルルマラソンには7歳から参加できます。また、時間制限が設けられていないため、初参加のランナーや、子どもを連れての親子参加、健康のために走る年配のランナーなど、多くの人々が参加しやすいことが特徴的な大会となっています。そのため世界一の市民マラソンと言われており、気象やコースなどの条件はあまり良くないため世界記録が決して出ない大会とも言われています。

マラソンの種類

フルマラソン・フルマラソン車椅子部門2つのマラソンと、ウォーキング種目レディースウォークが行なわれています。マラソンは、42.195kmの距離を走ります。完走をしたランナーには、上位3位まで表彰が行なわれており、すべてのランナーに完走証・Tシャツ・メダルを参加賞としてプレゼントしています。

フルマラソン車椅子部門

フルマラソンより5分早く開始されて、フルマラソンと同じコースと距離を走ります。また、車椅子マラソンは、パラリンピックの正式種目でもある障がい者スポーツです。車椅子は、レース用の専用車椅子を使用します。

レディースウォーク

フルマラソン開始より25分後より、同じコースの10km地点までのウォーキングを行ないます。また、ウォーキングをしながらの仮装コンテストも同時に開催されており、入賞者にはプレゼントも用意されています。

大会に関するイベント

 大会では様々なイベントも同時開催されます。

ホノルルマラソン・エキスポ

ハワイ・コンベンション・センターにて、入場無料で行なわれるイベントです。大会が行なわれる直前の水曜~土曜日の4日間開催されています。大会記念グッズや、スポンサーによる関連グッズの販売ブースが多数出展されています。また、ゼッケンやタイム計測に必要なチャンピオンチップを受け取るコーナーがあるため、大会参加者必須のイベントです。

ホノルルマラソン・ルアウ

ワイキキシェルにて行なわれるイベントです。大会が行なわれる前々日である金曜日に開催されています。ビュッフェ形式のディナーと、ライブやショーを楽しみながら、参加者や地元の人と交流できます。