ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
陸上競技場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

陸上競技情報

陸上競技の解説者になるには



陸上競技の大会やマラソン大会では、解説者が欠かせません。陸上競技の解説者になる人たちは、どのような経歴を経ているのか紹介します。

陸上競技の解説者の来歴

陸上競技の解説者の来歴

解説者は、競技を専門的な見地から解説するための知識や経験を有している必要があります。このため陸上経験者や現役選手として活躍したことがある人たちが、陸上競技の解説者となります。参考までに2012年に開催されたロンドンオリンピックの解説者リストを見てみると、陸上競技の解説者はすべて競技の経験者となっています。なお、陸上競技の代表的なキャスターにタレントの織田祐二さんが挙げられますが、この場合の立場としては解説者ではなくキャスターとなります。

解説者に求められる資質

様々な人が観るテレビ中継の解説をする際は、専門知識を噛み砕いて分かりやすく紹介することが求められます。競技の駆け引きやルールなどに精通した解説者が、選手の立場や状況を説明し、今後の展開などを予測することで、それを聞いている視聴者もより一層の奥深さを楽しんで観戦することが可能になります。解説者からときとして選手にとっては耳の痛いような、厳しい意見が聞かれることもありますが、そうした含蓄は視聴者を納得させるものが多く、観戦の楽しみをさらに深めます。また、解説者は陸上競技関係者として、競技中には知りえないような選手の素顔を知っている場合も多く、そうした知識を披露することも視聴者に驚きを与えます。例えば選手に関する生い立ちや練習中のエピソードを紹介することによって、選手により人間味を持たせることができます。このように選手に親近感を持たせ、選手個人を応援する気持ちを育むのも解説者の役割の負うところとなります。このようにして解説には様々なアプローチ方法があり、解説者の個性に応じてそれぞれの味があります。

解説者の日常

陸上競技の解説者は、解説業だけを生業としている訳ではありません。日常では選手時代の経験を活かして陸上関係の職業に従事しており、機会がある際に解説者を請け負う、というかたちになります。解説者の普段の職業には代表的なものに陸上指導者があります。また、体育学や運動生理学の研究者として活躍する人も少なくありません。こうした職業をいくつか紹介します。

・スポーツジャーナリスト、スポーツキャスター

・タレント

・コーチ、監督

・大学教授、客員教授

・競技連盟といった団体の理事