ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト陸上競技場リサーチ

陸上競技情報

タータンとは



徒競走などの走種目が行なわれるトラックに施される舗装では、「タータン」と呼ばれる種類の物があります。陸上競技場の「タータン」について、その意味や歴史などを紹介します。

タータンの概要

タータンの概要

タータンは、陸上競技場の地面に使用されている合成ゴムです。水はけがよく、雨の日でも競技が行なえる全天候型で、現代の陸上競技場のトラックにおけるスタンダードとなっています。もとはアメリカの「ミネソタ・マイニング・アンド・マニュファクチュアリング社」の商標名でしたが、長じて一般名詞として使われるようになりました。なお全天候型トラックに使われる舗装材として他にポリウレタンなどがありますが、舗装材に関係なく、「全天候型トラック」の意味で「タータン」と言ったり、あるいは単に「トラック」のことを意味したりするものとして「タータン」と称する、といった場面もしばしば見受けられます。

トラックの歴史とタータンの登場

タータンが登場するまで、トラックの主流はアンツーカーと呼ばれる、レンガを細かく砕いた土の舗装でした。1964年に東京で開催された第18回夏季オリンピックの、国立霞ヶ丘陸上競技場のトラックにも使用されています。水はけが良いのが特徴で、現在でもテニスの全仏オープンで使用されるクレーコートなどに使用されています。合成ゴムの全天候型舗装材「タータン」が国際大会で初めて使用されたのは1967年のパンアメリカン競技大会で、その翌年の1968年、メキシコシティで開催された第19回夏季オリンピックでも使用されました。タータンが選手たちの運動能力を最大限に引出すことにより、メキシコオリンピックでは陸上競技の各種目の記録が飛躍的に上がる結果となりました。

日本におけるタータンのその後

国際的に評価を高めたタータントラックは、早速日本国内でも複数の競技場において導入されましたが、気候や使用頻度などの条件から磨耗が著しいことが問題となりました。この合成ゴムの舗装材にとって変わったのが、新たに開発されたポリウレタン樹脂による物で、1975年以降、日本の陸上競技場に広く使われるようになりました。

ポリウレタントラックの特徴

本家タータンに比べ、耐久性が高い点に最も大きな特徴があります。トラックとしての長所をタータンから数多く受け継いでおり、他の特徴として、水はけがよく滑りにくかったり弾力性などに優れていたりするため、選手の運動能力がフルに活かされることなどが挙げられます。