ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト陸上競技場リサーチ
陸上競技場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

陸上競技情報

トラックとは



トラックとは、陸上競技場の走路のことを指します。陸上競技における「トラック」の定義や、歴史などをご紹介します。

トラックの概要

トラックの概要

2つの直線コースと2つの曲線コースからなる角丸長方形、いわゆる小判型が一般的です。短距離走・中距離走・リレー・ハードル競争などに使用され、国際大会などが開催される競技場(第一種・第二種公認陸上競技場)では1周400mを標準として、9つ以上のレーンが設けられます。100m走では、直線コースのみが使用されて競技が行なわることになります。

トラックの規格

トラックの規格は日本陸上競技連盟によって定められています。「新設第1種公認陸上競技場(陸上競技専用)」の規格は次の通りです。

・トラックは8レーンから9レーン

・1レーンの幅は1.22m

・走路の厚さは13mm

・直走路(直線コース)のスタートライン付近の厚さは18mm

用語の意味

トラックに関する用語と、その意味をいくつかご紹介します。

レーン
各選手に割り当てられたコースのことです。400m走以下の距離ではスタートからゴールまで同じレーンを走る「セパレートコース」、これに対しある地点を越えたところでどのコースを走っても良いとする「オープンコース」があります。
テークオーバーゾーン
リレー種目の際、バトンの受け渡しが行なわれる20mの区間のことです。テークオーバーゾーン外バトンの受け渡しが行なわれた場合は失格となります。
水濠
障害物競走に使用される水溜りのことです。コースの一番内側か外側に設置されます。

ゴールの判定

トルソー(胴体部分)がフィニッシュラインを越えて初めてゴールと認定されます。頭・手・足が越えてもそれはゴールと見なされません。トラック競技の選手がゴールの瞬間に胸を突き出すような格好になる様子をご覧になったことがあるかもしれませんが、これはそうした理由によるものです。

短距離走の原型「スタディオン走」

古代オリンピックで行なわれていた短距離走です。現代の短距離走の原型となるもので、走者は「1スタディオン」という直線コースを駆け抜けました。1スタディオンの長さは地方によってまちまちですが、大体180m前後といわれています。なお、フライングをした選手は罰則として鞭で打たれることになっていました。