ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
陸上競技場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

陸上競技情報

スパイクとは



ここでは、陸上競技で選手が使用するスパイクの種類や、競技によって変わるスパイクの選び方について解説します。

スパイクの種類

スパイクの種類

陸上競技において使用されるスパイクは、競技の種類や、路面の特性によって、形状が変わります。目的に合っていないスパイクでは、選手の能力を最大限に引出すことができないので、注意が必要です。

タータントラックのスパイク

水はけの良い全天候型のタータントラック(合成ゴム)では、その特性上スパイクピンは先が尖っていない平行になった物を使います。尖った物を使うと、ゴムにスパイクピンが突き刺さり、著しく走行が困難になってしまいます。大きくスパイクピンと言ってもその種類は様々です。

アンツーカー(土)のスパイク

アンツーカーや土のトラックでは、平行なスパイクピンではグリップ力が期待できないため、先の尖った画鋲のようなスパイクピンを使用します。スパイクを装着しているときは、選手同士の接触やその取り扱いを正しく守らないと、思わぬ怪我を招くことがあるため、注意しなくてはなりません。

スパイクの選び方

スパイクは、日常で使用するスニーカーと違い、コンマ1秒を争うシビアな競技に使われる物です。そのため、スパイク選びには特に気を配らなくてはなりません。

種目別スパイクピン

競技場の路面によってスパイクピンの形状が変わるのはもちろんですが、競技種目によっても向き不向きがあります。短距離走や跳躍、投てきなどの走る距離が短いものほ程スパイクピンは長く、中距離から長距離走になればなる程短いものになります。距離が長くなると、長いスパイクピンでは足への負担が大きいためです。また、競技場によってスパイクピンの長さが制限されていることもあるため、事前に確認しなくてはなりません。

シューレースとベルト

一般的なスニーカーと同じように、スパイクもシューレースタイプかベルトタイプかを選ぶことができます。シューレースタイプの場合、靴紐をたくさんの穴に通すため、靴紐の動きに余裕があり、足の動きに沿ってフィットする特性があります。ベルトタイプはシューレースタイプよりも締め付ける力が強く、ブレにくいため安定感があります。

ヒールの形状

短距離走と長距離走の違いは、ヒールの形状にも大きく現れます。短距離走の場合、スプリント中は前傾姿勢のため、地面にかかとが接地することがほとんどありません。そのため、短距離用のスパイクのヒールは無駄を削ぎ落とし、かかとが丸みを帯びたラウンドヒールになっています。反対に長距離走の場合は、上体を起こして長い距離を走るため、足の負担を考えたフラットヒールになっています。トラック競技では、かなりの速度を出しながらカーブを曲がらなくてはなりません。外側にかかる遠心力を抑えながら曲がるときの足への負担は大きくなります。近年ではカーブをより自然に、負担が少なく曲がれるように考えられた商品が多数発売されています。

スパイク選びの注意点

また、スパイクシューズは競技用として設計されているため、自分の足にしっかりとフィットする物を選ぶ必要があります。足の大きさに合わせてスパイクピンの位置やシューレースやベルトの位置を細かく計算して作られているため、自分の足以上に遊びのあるスパイクシューズを選んでしまうと、その特性を発揮することができません。