ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
陸上競技場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

陸上競技情報

映画・ドラマ



陸上競技にひたむきに打ち込む選手たちの姿は見る者の胸を打ちます。そのため、映画やドラマなどの題材として用いられることも多いです。ここでは、陸上をテーマにした映画やドラマを紹介します。

陸上をテーマにした海外の映画

陸上をテーマにした海外の映画

陸上競技による感動は、万国共通です。ここでは、マラソンなどの陸上競技を主題においた海外の映画を集めました。

『マラソン』(韓国/2005年)

『走れ、ヒョンジン!』(パク・ミギョン著)を原作とした映画です。自閉症という障害を抱えた若者がフルマラソンを完走したという実話に基づいて、母子の絆を感動的に描いており、そのドラマ性から、韓国では大ヒットを記録しました。監督はチョン・ユンチョル、出演は、チョ・スンウ、キム・ミスク、イ・ギヨン他です。

『ロング・ラン 栄光の54マイル』(南アフリカ/2000年)

南アフリカの2つの都市を結ぶ、54マイル(約86km)にも及ぶ砂漠の中の過酷なマラソン・レース「コムラード・マラソン」を舞台としています。老いたコーチは、このマラソンに勝てる選手を育てることに執念を燃やしており、コーチが才能を見抜いた女性ランナーは、トレーニングに励み、レースに出場します。日本未公開作品ながら、テーマの斬新さと南アフリカという舞台の珍しさから話題となりました。監督はジーン・スチュワート、出演はアーミン・ミューラー=スタール、ンターティ・モシェシュ、パターソン・ジョセフ他です。

陸上をテーマにした日本の映画

陸上競技をテーマに描かれた映画は、日本でも数多く作られています。ここでは、その中でも有名な作品を紹介します。

『風が強く吹いている』(2009年)

三浦しをんの同名ベストセラー小説の映画化作品です。陸上初心者ばかりの10人の大学生が、箱根駅伝という大きな目標に向かって突き進む姿を描いた青春ドラマです。監督は大森寿美男。出演は、小出恵介、林遣都、中村優一他。

『奈緒子』(2008年)

天才ランナー雄介と、マネージャー奈緒子との恋愛模様を描いたスポーツ映画です。奈緒子は幼少のころ、船から転落したところを雄介の父親に助けられますが、雄介の父親はその事故が原因で命を落としてしまいます。高校生に成長した二人は同じ陸上部に所属する……というストーリーです。高校駅伝をテーマにした人気コミック「奈緒子」の映画化作品で、監督は古厩智之、出演は、上野樹里、三浦春馬、笑福亭鶴瓶他です。

『チルソクの夏』(2003年)

1977年、日韓共同開催の陸上競技大会に出場する日本の女子高生と韓国の男子高生の姿を描いた作品です。時代ゆえの悲しい恋と、陸上にかける少女たちの友情が描かれています。監督は佐々部清、出演は、水谷妃里、淳評、上野樹里他です。