ご希望の陸上競技場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
陸上競技場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

陸上競技情報

十種競技 男子の特徴



10種類の競技を行ない、総合点を競う種目です。男女ともにある競技ですが、オリンピックや世界陸上選手権では、男子のみ行なわれています。ここでは、男子の十種競技のルールや有名選手を紹介します。

競技方法

競技方法

十種競技は、2日に分けて競技を行ないます。1日目には、100m、走幅跳び、砲丸投げ、走高跳び、400m、2日目には、110mハードル、円盤投げ、棒高跳び、槍投げ・1,500mを1人でこなし、すべて競技の記録を足した、総合点を争います。得点は、それぞれ計算式が定められており、その計算式に沿って計算されます。また、短距離~長距離、投てき、跳躍といった陸上競技におけるすべての能力を必要とされるため、勝者は「キング・オブ・アスリート」と呼ばれます。

有名選手の紹介

十種競技男子の有名選手は次の通りです。

ロマン・セブルレ

チェコ共和国出身の、男子陸上選手です。もとは、走高跳びの選手でした。2001年に、史上初の9,000ポイント超えとなる9,026ポイントで世界記録を更新しました。オリンピックを含む、様々な大会で金メダルを7個、銀メダルを4個、銅メダルを2個獲得しています。

ダン・オブライエン

アメリカ合衆国出身の、男子陸上選手です。引退までに、オリンピックでの金メダル1個と、世界陸上競技選手権大会で金メダルを3個取得しています。1992年に、8,891ポイントで世界記録を更新しました。1992年にはイギリスのスポーツブランド「リーボック」のテレビコマーシャル出演や、1990年代終盤には、イタリアの老舗高級ブランド「ヴェルサーチ」の広告に起用されるなど、人気の高い選手として有名です。

ブライアン・クレイ

アメリカ合衆国出身で日系アメリカ人の、男子陸上選手です。180cm84kgという十種競技者としては小柄な体型をしており、円盤投げや砲丸投げなどの投てきと短距離走を得意としています。オリンピックでは、金メダル、銅メダルをそれぞれ1個ずつと、世界陸上選手権ヘルシンキ大会では、金メダルを1個取得しています。また、「ツモル」という日本名のミドルネームを持っており、日系人である祖父や祖母によって古典的な日本の教育も受けています。

松田克彦

長野県出身の、男子陸上選手です。現役時代は、スプリント種目が得意であり、投てき種目を苦手としていました。国内では、日本選手権での2連覇を果たしており、アジア選手権でも銅メダルを獲得しました。引退後は、指導者として次世代選手の育成や、陸上競技に携わる役員として積極的に活動を行なっています。